お値打ちコンパクトなコーヒーメーカー

人気のコーヒーメーカーで、毎日ホッとひと息!

 

デロンギ ドリップコーヒーメーカー ココナッツ CMB6-WH



 

Melitta アロマサーモ ステンレス ダークブラウン JCM-561/TD



 

ZOJIRUSHI コーヒーメーカー珈琲通 EC-AJ60-XJ ステンレスブラウン



 

TIGER コーヒーメーカー ACK-A050RU


【プレゼントの最新記事】
posted by こざら at 04:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タジン鍋


タジン鍋は、アフリカのモロッコの伝統の民族料理を作る時に使用し、水無しで調理できるとてもヘルシーなお鍋です。
水が貴重な砂漠地方で誕生したこのタジン鍋は、おもしろい独特の形をした蓋が、食材から水分を循環させる役目を果たし、素材の美味しさを生かした蒸し料理を作る究極の調理鍋です。野菜がホントに、美味しく食べられます!!

 
posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っとこ!やきもの用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

片口(かたくち)

うつわの中で、蕎麦猪口、ぐいのみ、兎柄のうつわなどすごく気にいったのに出会うと買い求めて集めていますが、中でも力を入れてコレクションしているのが、片口です。
片口は、片側に注ぎ口がついていて、めんつゆ、たれ、ドレッシング、お酒、うつわの大きさによって幅広く活躍します。中でも作家さんが作った持ち心地のよい片口は、とっておきの料理を盛って楽しみます。季節の茶花を生けたり、ポプリを入れたりすることも。
選ぶ時は、注ぎ口の水切れがいいことと、暖か味のある形のいいものを選ぶようにしています。収納するときは注ぎ口に注意することです。

 


     

posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っとこ!やきもの用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そば猪口

そば猪口は、5〜8cm位の口径のカップ型の器で、もともとは、向付(むこうづけ)としていろいろな料理を入れて使われていたものです。幕末頃から、麺類がよく食べられるようになり、つけ汁の器として普及したようです。ある蕎麦屋さんが、つけ汁を入れるのにぴったりなので、そば猪口と呼んだのが、はじまりとか・・・

蕎麦猪口の用途以外に、お茶、酢のもの、和えもの、焼酎カップなどに利用してます。
わが家では、気に入った蕎麦ちょこは1個づつ揃えることにしています。とても利用範囲が広く、値段もお手頃、種類もいろいろ楽しめるのが魅力。古伊万里入門は、蕎麦ちょこからとよく聞きます。

   



posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っとこ!やきもの用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

織部

茶人 古田織部の好みで作られた焼き物。 深い青緑色に焼き上がる緑釉が代表的で、他にも黒、赤など多彩です。豊かな創造性を感じさせる奇抜な器の形、装飾が特長で、花鳥風月、幾何学文などの文様のおもしろさは、現代でも、新鮮な印象を与えてくれます。

  

posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っとこ!やきもの用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジックリ探して、選びましょ

和皿は、七寸の次は、尺皿が、普通と説明しましたが、最近では、八寸皿24cm前後のお皿に出会うことがあります。今の日本の食生活は、日本食の他、ヨーロッパ、アジアの国々などの料理とバラエティーに富んでいて、うつわも、センス次第で、和洋どちらを使ってもおしゃれに楽しむことが出来ます。窯元によっては、8寸皿程度の大きさを、手ごろな値段で作られている所もあります。お店で、気に入った大きさを見つけたら、お店の方にどこのものか聞いて、その地方に探しに出かけたりするのも、うつわ探しの楽しみです。
とにかく、長く使って親しみが持てそうなものをチェックして、気長にジックリ探しましょう。
洋食器はブランドにもよりますが、デイナー皿は、だいたい24〜29cmなので、和皿で、なかなかこれというのが見つからない時は、シンプルな白い皿や飽きのこないブルー&ホワイトなどを、揃えておくとどんな料理にも合う丈夫な磁器の皿も便利です。



posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大皿 中皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結構、出番の多い皿

伝統的に和食器は、三寸(9cm前後の小皿)六寸、七寸(18〜21cm前後の中皿)などと、サイズをいいます。それぞれ使い勝手の良い大きさで、買い求める時の目安にもなります。知人に、いきなり、40cmほどのお皿を衝動買いしてしまって、大きすぎて、重いし、今では年に一度か2度使う程度で、後悔してしまったことを聞いたことがあります。
和の皿は、7寸の次の大きさは、30cm前後の大皿で、尺皿と呼び、やはり、収納のことを考えると、28〜30cmが使いやすいサイズです。
大皿は、うちでは、週に2〜3度は、必ず登場するなくてはならない器のひとつです。
おもてなしの皿の他、クリスマスやひな祭りなどの、わが家のささやかな季節の記念行事に、ちらし寿司、巻き寿司、いなり寿司、サンドイッチ、オードブルなどを盛るのには欠かせません。普段でも、毎日の食卓に変化をつけるために、大皿に、2、3種類のお惣菜をいっしょに盛り付けたり、お刺身を盛ったり、その日の気分で取り皿を選び組み合わせて、楽しみます。
お料理が映える少し地味目の飽きの来ないものを1枚目にはおすすめします。

 粉引 パスタ大皿 【美濃焼 誠武庵】

posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大皿 中皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信楽焼(しがらきやき)

滋賀県甲賀市信楽町は、日本六古窯の一つで我が国最古の産地です。
天平時代に聖武天皇が紫香楽宮(しがらきのみや)を造るにあたって、瓦を焼いたのが始まりといわれ、鎌倉時代には水がめや種壷が作られました。室町・安土桃山時代には茶道具の生産が盛んになり、江戸時代には登り窯によって、茶壷をはじめ多種多様な生活雑器が作られ、その後、火鉢なども作られ、現在では生活に根ざしたタイル・花器・食器・置物等、土の持つ味わいを生かした製品が作られています。 代表的な置物は、あのユニークなたぬきの置物です!

信楽焼うつわ
posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っとこ!やきもの用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吹墨(ふきずみ)

染付技法のひとつ
呉須(染付(そめつけ)に用いる釉(うわぐすり)をかけ焼成すると藍青色になる彩料)を吹き付けてグラデーションを表現することができます。筆に呉須を含ませて直接吹きつけたものの文様と、型紙を置いた上から、呉須を霧吹きで吹きつけてできる白抜き文様があります。

「月兎文(げっともん)」は中国では不老不死・再生の象徴として古くから愛用され、古染付に同じ図柄の吹墨がみられます。そして日本にも伝わってそれをお手本としたものが古伊万里にもよく見られ、現在でもそれぞれの陶芸家たちによって作られています。吉祥文なので毎日のお守りとして食卓にいかがでしょう

  



posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っとこ!やきもの用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刷毛目(はけめ)

陶磁器の装飾技法のひとつ 器の地と違う色の化粧土や顔料を、刷毛で一気に塗ったもの
仕上がりが刷毛で塗った動きがあるので、こう呼ばれています

 レシピも楽しめるお値打ちプレート
 



   
posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っとこ!やきもの用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。