ジックリ探して、選びましょ

和皿は、七寸の次は、尺皿が、普通と説明しましたが、最近では、八寸皿24cm前後のお皿に出会うことがあります。今の日本の食生活は、日本食の他、ヨーロッパ、アジアの国々などの料理とバラエティーに富んでいて、うつわも、センス次第で、和洋どちらを使ってもおしゃれに楽しむことが出来ます。窯元によっては、8寸皿程度の大きさを、手ごろな値段で作られている所もあります。お店で、気に入った大きさを見つけたら、お店の方にどこのものか聞いて、その地方に探しに出かけたりするのも、うつわ探しの楽しみです。
とにかく、長く使って親しみが持てそうなものをチェックして、気長にジックリ探しましょう。
洋食器はブランドにもよりますが、デイナー皿は、だいたい24〜29cmなので、和皿で、なかなかこれというのが見つからない時は、シンプルな白い皿や飽きのこないブルー&ホワイトなどを、揃えておくとどんな料理にも合う丈夫な磁器の皿も便利です。



posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大皿 中皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結構、出番の多い皿

伝統的に和食器は、三寸(9cm前後の小皿)六寸、七寸(18〜21cm前後の中皿)などと、サイズをいいます。それぞれ使い勝手の良い大きさで、買い求める時の目安にもなります。知人に、いきなり、40cmほどのお皿を衝動買いしてしまって、大きすぎて、重いし、今では年に一度か2度使う程度で、後悔してしまったことを聞いたことがあります。
和の皿は、7寸の次の大きさは、30cm前後の大皿で、尺皿と呼び、やはり、収納のことを考えると、28〜30cmが使いやすいサイズです。
大皿は、うちでは、週に2〜3度は、必ず登場するなくてはならない器のひとつです。
おもてなしの皿の他、クリスマスやひな祭りなどの、わが家のささやかな季節の記念行事に、ちらし寿司、巻き寿司、いなり寿司、サンドイッチ、オードブルなどを盛るのには欠かせません。普段でも、毎日の食卓に変化をつけるために、大皿に、2、3種類のお惣菜をいっしょに盛り付けたり、お刺身を盛ったり、その日の気分で取り皿を選び組み合わせて、楽しみます。
お料理が映える少し地味目の飽きの来ないものを1枚目にはおすすめします。

 粉引 パスタ大皿 【美濃焼 誠武庵】

posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大皿 中皿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。