青磁(せいじ)

灰を原料とし、釉薬をかけた磁器質の淡青色の美しい色をしています。中国で生まれた東洋独特の技法で日本へは室町時代に茶陶として入ってきました。9〜10世紀の高麗王朝時代には、朝鮮半島で盛んに作られたようです。

   



posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っとこ!やきもの用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。