志野

半透明な乳白色の釉薬を厚く掛けて下絵は素朴で、大胆な鉄絵が描かれます。淡雪のような気泡状の肌に、ほのかな薄紅色の火色がにじみ出た土の温もりが感じられる焼物です。

  【志野の花 組茶碗】


posted by こざら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っとこ!やきもの用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。